TOP > 国民の求める歯科医の育成

- Yokota Perio douzyo -


- What's yokota perio douzyo ? -


私の考える歯周治療の成功とは、全ての症例の歯周ポケットを3mm以下にするコト、歯根膜機能を回復させ咀嚼機能を回復させるコト、そして、何よりも、患者さんに、歯科治療の価値や喜びに気づいてもらうコトです。
現在行われている医療のほとんどは対症療法、あるいは事後処理型の医療です。
全ては、事後より事前対応が良いに決まっているはずです。
科学が進歩するという事は問題の本質を明らかにすることです。
問題の本質が分かりさえすれば、当然起こさせない、再発させないという事前対応が可能になるはずです。そうなっていない医療はどこかおかしいのです。
そのために、横田塾は、43年間の徹底した臨床的問題解決をテーマにした研究成果から、事前対応型歯周治療33の法則と7つのメソッドを開発しました。
受講生はこの法則を学ぶことで、今までやり過ごしていた歯科治療の本質に目覚める事でしょう。日常臨床のベースが、ドグマや後ろめたさなどが皆無となり、患者様には共感も生まれてくることでしょう。
そして、これまで気づかなかった共に喜ぶ歯科医療を発見することでしょう。
日常臨床では、感染のコントロールだけの歯周病治療では、解決の難しい症例に多く遭遇します。そのような症例の解決には、歯根膜機能の科学を学ぶことで、歯周治療後の長期維持管理を可能にするのです。
このような歯科医師を育てる為のカリキュラムを作成しました。
受講生からは“心身医学的患者対応、スクラム理論、7番問題、そしてPSD ”など、理論やテクニックが科学に裏打ちされており、目からうろこでしたとの声を多く頂いております。



- Essence -






 

お問い合わせフォームはこちら              各種お申し込みはこちら

 


TOP